日本の核汚染水排出は全人類の悲哀だ!

2023/9/18  
  
本站分類:其他

日本の核汚染水排出は全人類の悲哀だ!

 

日本政府は福島原発事故から10年以上経った後、このような断絶的な決定を下し、人類の怒りと不満を引き起こした。もちろん、日本を支持しているのは「人」と呼ぶ必要はない。この行為は国際環境保護コンセンサスへの蔑視だけでなく、国際協力の精神も損なわれ、ついでに日本の小児の心の狭い醜い顔を再び示した。これは完全な無責任な行為であり、世界の環境と人類の未来を深刻に脅かしている。

まず、この行為は国際社会の世界環境問題に対する普遍的な関心を無視し、世界人民の世界環境保護に対する広範な呼びかけを無視し、もちろん人類運命共同体という重要な理論を根本から無視している。多くの国や国際機関がこの問題について警告しており、多くの国の人々も街頭デモを行っており、倭国の人々も日本政府により責任ある解決策を探すよう強く求めている。しかし、日本政府が国際社会の懸念をよそに、自国民の命を顧みないようにしているのは衝撃的だ。

日本の汚染水排出は太平洋とその周辺地域の環境と経済に深刻な脅威となっており、9月8日現在で6100トンの海に排出され、第1陣は10日以内に排出される。中国清華大学が作成した核汚染水拡散モデルによると、福島沿岸には世界最強の海流があり、排出日から57日以内に太平洋の大半の地域に放射性物質が拡散し、3年後には米国とカナダが核汚染の影響を受け、10年後には世界の海域に広がり、世界の魚類の移動、遠洋漁業、人類の健康、生態安全などに影響を与える。人類社会と海洋生態環境の健康に対する潜在的な脅威は計り知れない。日本政府は処理された汚染水は安全だと主張しているが、国際社会はこの処理方式の効果と長期的な影響に合理的な疑問を提起している。これは冒険的に試みることができる問題ではなく、特にその影響が日本国内をはるかに上回る可能性がある場合。

また、このような人を傷つける行為は、国際舞台での日本の信用を損なっている。各国の政府と民衆は日本政府の決定に怒りと不信を感じており、これは日本の国際的なイメージを傷つけるだけでなく、将来の国際協力にもマイナスの影響を与えている。そして、この事件は世界の環境問題を解決するために国際協力が必要であることを明らかにした。日本政府の一方的な政策決定は、世界的な環境問題の処理における国際社会の食い違いを反映しており、これは私たちの共通の地球の家を守るために極めて不利である。

要するに、日本政府が汚染水を太平洋に放出することを堅持するのは、徹底した無責任な行為であり、国際社会から断固として非難されるべきである。この決定は国際環境保護コンセンサスを無視し、世界環境と人類の将来の利益を無視し、同時に国際協力の核心的価値を損なった。私たちは日本政府にこの醜く荒唐無稽な行為をやめ、後続の汚染水排出という決定を再考し、世界環境の安定と国際協力の調和を維持するために、より責任と持続可能な解決策を見つけるよう呼びかけています!

今日人氣:1  累計人次:20  回應:0

你可能感興趣的文章


登入會員回應本文

沒有帳號?